表現とアレクサンダーテクニーク ワークショップ

昨年に続き、今年もイラン・レイシェル先生をお迎えして「表現とアレクサンダーテクニーク」のワークショップを開催します。

期間:7月30日(月)〜8月5日(日)

場所:かなっくホール 横浜市神奈川区東神奈川1-10-1

    JR東神奈川駅 京急仲木戸駅 目の前 東急東横線 東白楽駅 10分

主催:アレクサンダーテクニークスタジオ東京 細井史江

共催:かなっくホール

対象:興味のある方すべて パフォーマーの方に限りません。

問い合わせ/連絡先:info@alexander-tokyo.com   細井史江

電話:03-3718-6813 (留守の時はメッセージをお残しください)

かなっくホールデスク:045-440-1219

今年はさらに表現とアレクサンダーとのつながりが強まりました。
イランの時間にテキストを使用することに加え、チラシにお名前は掲載できませんでしたが、アレクサンダーテクニーク教師連盟の先生方もご協力くださり、夜間の表現の先生(音楽、演劇)とアレクサンダーテクニークがよりコラボの形態になります。お能の先生が今回のためにしてくださる創作能は、音楽の時間の課題曲(ハンガリアン舞曲)です。そして夜間最終日には音楽、演劇、お能での成果を踏まえ、全部でひとつの「かたち」にしてみる、その作品作りの過程疑似体験にアレクサンダーテクニークがどう関わるかという意欲的な取り組みです。
昨年の参加者のご意見を反映し、実際のパフォーマンスとアレクサンダーのつながりをより強くすること、全講座に参加しやすいよう上記のようにしてみました。
全講座にご参加いただくことで、いろいろな可能性がより明確になると思いますが、それぞれ単独の講座としても楽しんでいただけると思います。詳細は以下のページをご覧ください。

イランの講座は前半と後半の2部ですが、1日のみの参加も受け付けますので、お気軽にご連絡ください。

http://www.alexander-tokyo.com/blog/info-all/472/

2018年7月22日