ブログ

サイト管理人と会員教師のブログです。

ブログ一覧

教師エクスチェンジ-2020年10月

アレクサンダーテクニーク教師連盟では定期的に教師同士でのエクスチェンジを通じて研鑽に励んでいます。

今回は、4名の参加でした。
ワークの前には、文化庁の助成金や、持続化給付金について話しました。手続きが複雑だったり、条件が厳しかったり…ということがあって大変だったということでした。
それだけ煩雑だと、どれだけの人が受給できたんでしょうね。芸術家って、そういう手続きに慣れてない人が多そうだし…偏見ですかね(笑)

そのあとは、それぞれのテーマに沿って和やかな雰囲気でチェアワークとテーブルワークをしました。

2020年11月8日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Kanrisha

教師エクスチェンジ―2020年8月

アレクサンダーテクニーク教師連盟では定期的に教師同士でのエクスチェンジを通じて研鑽に励んでいます。

残念ながら私は欠席でしたが、8月のエクスチェンジには4人の先生方が集まり、感染予防とソーシャルディスタンスに注意してエクスチェンジを行いました。

昔はテレビ電話と言うとどこか仰々しくもあり、また専用端末を双方の家に設置したり、通話コストが高かったりと実用的ではなかったのですが、現在はパソコンもしくはスマホで簡単に複数人で連絡を取れるようになりました。

そんな便利な時代だからこそ、私達一人一人が「身体を備えた自分自身」をどう使っていくことができるのか?問われているのかもしれません。

2020年9月3日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Kanrisha

教師エクスチェンジ―2020年7月

アレクサンダーテクニーク教師連盟では定期的に教師同士でのエクスチェンジを通じて研鑽に励んでいます。

本日のエクスチェンジは、6人参加でした。
私は電車が止まってしまい、さらに諸々あり、
1時間の遅刻でした。

着いたら、皆さんワークをされてました。
二人組で、ワークを暫くやりました。

そして休憩は窓を開けて、ソーシャルディスタンスを
とって、輪になって話をしました。

内容は、前回のオンライン勉強会の話の
ATは再教育についてや、

コロナ禍でいろいろな意見や理論があって、時にそれを巡ってイライラをぶつけあったりしているが
いつも自己の使い方に戻る事が、私達AT教師として
大事だよね、と言う結論に到りました。

もっといろいろ話していたけど、
難しくてついていけない部分は省略です💦

その後また3人で2グループで、ワークを
しました。久しぶりのエクスチェンジ、
やっぱり対面でできるのは良いですね。
2020年7月15日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Kanrisha

教師連盟の総会が行われました

2020年6月8日(月)、10:00よりアレクサンダーテクニーク教師連盟の年次総会が開かれました。
総会はアレクサンダーテクニーク教師連盟のこれまでの活動報告と今後の方針を話し合うために、日頃から個人レッスンやワークショップなど精力的に活動されている先生方が一堂に会するとても貴重な場でもあります。
例年であれば、午前中に総会を行ったあと、午後にエクスチェンジを行うのですが残念ながら今年はオンラインでの総会開催となりました。

理事会メンバーも新メンバーを迎え、今年はより活動を進めていくこととなりそうです。まだコロナ禍の影響は続きますが、今後の活動に向けて情報交換ができる場があるということは心強いと感じました。

2020年6月9日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Kanrisha

教師エクスチェンジ-2020年5月

アレクサンダーテクニーク教師連盟では定期的に教師同士でのエクスチェンジを通じて研鑽に励んでいます。

5月のエクスチェンジは初めてオンラインで開催されました。
お互いの近況などを話した後は、稲田先生が主導され、ウィスパードアーに関する勉強会を行いました。

ウィスパードアーはアレクサンダーテクニークのプロシージャの一つです。
ほかにはモンキーポジションやランジなど、アレクサンダーテクニークのレッスンを受けたことがある方は一度はプロシージャに取り組まれたことでしょう。

プロシージャはFMアレクサンダー氏の死後もこのワークが存続できるよう、当時イギリスで中心となって活躍されていた先生方がおのおのの立場を超え、アレクサンダーテクニークにおける共通理解・共通言語を作るべく協議を重ねて言った作業の中で生まれたものだそうです。

このコロナ禍でハンズオンワークができない今、教師同士がオンラインで集まって共に学ぶ時間は、お互いの学びを再度リフレッシュする貴重な時間になりました。

2020年5月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Kanrisha