教師エクスチェンジ―2020年12月

アレクサンダーテクニーク教師連盟では定期的に教師同士でのエクスチェンジを通じて研鑽に励んでいます。

日に日に寒さが厳しくなってきた12月ですが、今回は3名の方が参加されたようです。
残念ながら私は家庭の都合で参加することができませんでした。
近年はアレクサンダーテクニーク関係の書籍も増え、知識としてアレクサンダーテクニークを学ぶ機会は以前より格段に増えているのではないかと思っています。
しかしながら、ほかの人と自分の手を通して直接向き合うというハンズワークはどんなに良く書かれている書籍でも伝えきることが難しく、また人と向き合うことで初めて自分のことを知ることもできるのだ、と日々痛感しています。

ハンズオンワークを通して学べることをこれからも引き続き学習していきたいものです。


2020年12月18日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Kanrisha