教師エクスチェンジ-2020年5月

アレクサンダーテクニーク教師連盟では定期的に教師同士でのエクスチェンジを通じて研鑽に励んでいます。

5月のエクスチェンジは初めてオンラインで開催されました。
お互いの近況などを話した後は、稲田先生が主導され、ウィスパードアーに関する勉強会を行いました。

ウィスパードアーはアレクサンダーテクニークのプロシージャの一つです。
ほかにはモンキーポジションやランジなど、アレクサンダーテクニークのレッスンを受けたことがある方は一度はプロシージャに取り組まれたことでしょう。

プロシージャはFMアレクサンダー氏の死後もこのワークが存続できるよう、当時イギリスで中心となって活躍されていた先生方がおのおのの立場を超え、アレクサンダーテクニークにおける共通理解・共通言語を作るべく協議を重ねて言った作業の中で生まれたものだそうです。

このコロナ禍でハンズオンワークができない今、教師同士がオンラインで集まって共に学ぶ時間は、お互いの学びを再度リフレッシュする貴重な時間になりました。

2020年5月25日 | カテゴリー : 未分類 | 投稿者 : Kanrisha