STATについて

STATについて

The Society of Teachers of the Alexander Techniqueは1958年にイギリスで、創始者F M アレクサンダー自身によって直接トレーニングされた教師たちによって設立された世界で最も古く、伝統と権威ある協会です。

STATは、協会の名称が示す通り、「教師の協会」で、設立当初の目的はアレクサンダー自身の教育法を正しく継承していくこと、そのために教師トレーニングをどのように行うか、に主眼が置かれていました。専門訓練を受けていない人々によって、テクニークがゆがめられることを防ぎ、アレクサンダー教師の専門性や水準を高めることです。教師トレーニングに、最も厳しい基準を設けているのもそのためです。
現在、STATとその提携協会に所属する会員は、33の国と地域におよそ3000人で、アレクサンダーテクニークの国際機関として規模も最大です。

The Society of Teachers of the Alexander Technique 所在地
Grove Business Centre, Unit W48, 560-568 High Road, London N17 9TA.
http://www.alexandertechnique.co.uk


提携協会について

STATは現在17の国に提携協会があります。提携協会は、教育水準を保つために、FMアレクサンダーによって考案された教育法で教師トレーニングをするということで、基本的な基準をSTATと合意し、遵守している団体です。
各国提携協会は独立性を持っていますが、STAT基準の基本ライン(協会による校長とアシスタントの資格審査をへて開校許可、1年36週まで、3年間で1600時間以上、フルタイム、カリキュラムなど)を遵守する必要があります。
提携協会のない国に、教師トレーニングの学校を認可できるのはSTATです。
現在(過去も)日本にはSTAT提携協会はありません。

提携協会についてより詳しくは下記ページを参照ください。
http://www.alexandertechniqueworldwide.com/